FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄研秘蔵コレクション

 10月に入り、いよいよ一橋祭に向けての準備も本格化してまいりました。当面は、一橋祭で発表予定となっている研究冊子の原稿検討をメインに進め、並行して模型やクイズの用意も行うという態勢になりそうです。
 この先1ヶ月は、鉄研が1年の中で最も多忙な時期となりますが、1分1秒たりとも一橋祭の事が頭から離れないという事では、精神面にも悪影響を及ぼしますので、最近では作業時間の合間にこのような事をしています。
blog6_20101007060951.jpg
 当会秘蔵の硬券入場券コレクションです!事の始まりは、先日開催された、超OB会でした。(と言っても、私は出席しなかったので詳しい事はわからないのですが…笑)その場に参加していた現役部員の一人が、とあるOBの方より、ご自身が学生時代に各地を回って収集した大量の硬券が今も部室のどこかに保管されているはずという情報を入手しました。
 現役部員の中では誰もその存在を知りませんでしたので、改めて部室内を捜索してみると、ロッカーの中で、牛乳石鹸の箱の中に隙間無く収められた大量の硬券を発見。早速中身を改めてみると、その多くが、国鉄の入場券でした。それならば、どんな駅のものがあるのか調べるついでに、それらを路線別に仕分けてみようという事になりました。

 そういう訳で、その作業中の様子が上の写真となるのですが、実際にやってみると、分類作業には思いのほか手間がかかることがわかりました。というのも、これらの入場券が発売されていた当時は、合理化の進んだ現在より有人駅が格段に多かった時代。誰もが知っているような有名な駅ばかりであれば難なく作業も進みますが、聞いたことの無いような駅名に度々出くわすため、その度に時刻表や「停車場一覧」を開いて、どの線にある駅かを調べなくてはならないためです。それらの中には、現在では廃止されてしまった路線の駅、改称されて別の名前になった駅なども含まれていますので、赤字83線の廃止より後の時代に生を受けた現役部員は四苦八苦です。しかしながら、既に廃止され、書籍やインターネット上でしかその名を聞いた事が無かったような駅の入場券を発見すると、思わず感動してしまう事も多々ありました。

blog7_20101007060951.jpg
 例えば、廃線の駅としては上のようなものがありました。興浜北線の北見枝幸駅、同じく南線の雄武駅、「日本で最も長い駅名」として有名だった東京競馬場前駅(それも2枚!)などなど…。ここには掲載されていませんが、弥彦線の廃止区間にあった越後長沢駅、松浦線の支線のひとつである臼ノ浦線の臼ノ浦駅など、よりマニアックなもののありました。

blog8.jpg
 また、現役部員にも馴染み深いこれらの駅の入場券ももちろんありました。鋏の穴の形にも様々なバリエーションがあり、見ていて面白い所のひとつです。

 (やや大げさかもしれませんが)在りし日の鉄道の姿を今日に伝える貴重な資料ですので、整理の上、いつか何らかの形で公開できればと考えております。
スポンサーサイト

一橋祭は今週末、金土日!

こんにちは。お久しぶりの、部長ことM2です。

さて、今週の週末、11月5日(金曜日)から7日(日曜日)は一橋大学の学祭である「一橋祭」が開催されます。
当会も、3日ともに出展いたします!

hyoshi7.jpg
↑画像は一橋祭研究誌の「ボツ」になった表紙です。

* 日時:2010年11月5日(金)~11月7日(日) 10~17時(5・6日)、10~15時(7日)
* 会場:35教室(西本館3階)
* 企画概要:
  1. 研究誌配布・研究概要の展示発表
2. 鉄道模型(Nゲージジオラマ)の展示
3. 鉄道クイズ
4. 鉄道写真の展示

構内図

今週末、ちょっとお暇な方は、ぜひお越しください!

================================
一橋大学鉄道研究会特設ページ

最新記事
プロフィール

一橋てっけん

Author:一橋てっけん
一橋鉄研公式ブログへようこそ!

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
 
月別アーカイブ
リンク
相互リンク募集!!
一橋鉄研ブログでは、こんなブログ・HP運営者の方との相互リンクを募集しております。
・一橋大学の学生・OB・OG
・高校・大学などで鉄道研究会、旅行研究会、交通研究会といったサークルに所属している
・鉄道や旅行が大好き
・とにかく一橋鉄研に興味がある(笑)
一つでも当てはまる項目があるという方は、是非コメント等でおしらせください。リンクの方に追加させていただきます。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。