FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓ハイキング目前

ご無沙汰しております。「目前」までならないと記事を書かない悪い癖、いい加減直さなければなりませんね…。

新歓特設ページなどでも既にお伝えしているとおりですが、いよいよ明日は新歓ハイキングです。
行き先は江ノ島・鎌倉を予定しております。首都圏では見ごろのピークを過ぎつつあるようですが、鎌倉の若宮大路をはじめ、行く先々で桜が見れそうですので楽しみです。

この江ノ島・鎌倉ですが、何年か前の新歓ハイキングでも行き先に選ばれております。実は新歓ハイキングの開催地に関しては、選定にあたり様々な条件があります。首都圏近傍で、日帰り可能、テツ分もそれなりに濃くて、かつ上級生の懐を痛めすぎない(笑)などなどですが、さらにここから、新入生が数年間の間に行った事のある場所が除かれますので、候補地は結構限られてきてしまうのです。(特に、一橋大学は関東圏出身者が比較的多いため、首都圏近郊のテツスポットや有名観光地は、だいたい皆一度は訪れたことがあるのです。)

今年も、鉄道博物館、玉川上水、高尾山、京急快特で行く三浦半島日帰りの旅など様々な候補が挙がりましたが、過去の例や新入生の希望を聞き、最終的に江ノ島・鎌倉が選ばれる運びとなったようです。

決行前日にこんな事書かなくても、と思いますが(笑)、前回の江ノ島・鎌倉ハイキングの時の写真をHDDの中からサルベージして参りましたので、ここに紹介させていただきたいと思います。

blog4_20100410121721.jpg
blog3_20100410121721.jpg
blog1_20100410121722.jpg
blog2_20100410121722.jpg

かなり時間がたっているので記憶が多少曖昧ですが、この時は、JR横浜駅集合、~(東海道線)~大船~(湘南モノレール)~湘南江の島~(徒歩)~片瀬江ノ島~(小田急江ノ島線)~藤沢~(江ノ島電鉄)~鎌倉というルートを辿ったかと思います。もちろんですが、乗りテツの合間には、江ノ島・鎌倉大仏・「江ノ電もなか」で有名な扇屋・アニメ「スラムダンク」のOP等にも出てくる鎌倉高校前の踏切などの観光スポットを訪問したりもしました。

この時は、桜の開花がちょうどピークを迎えており、長谷寺では大仏と満開の桜が実に濃厚な「和」の世界を醸し出していていました。
blog5_20100410121720.jpg

明日も、この時のように晴天に恵まれ、新入生の記憶に残る旅行になる事を願いたいですね。
スポンサーサイト

説明会実施中。

こんばんは、お久しぶりです。M2です。

ただいま、月・水・金のお昼休みに東1号館1306にて説明会実施中です。

RIMG0011.jpg


鉄道研究会に興味があるかた、鉄道に少しでも興味のある方、昼休みは凄くお暇な方(笑)
是非是非お越し下さい。

4月24日

4月24日に、定期部会を行います。今後1年間の予定や展望、活動内容などの内容をご紹介いたします。
また、アフターもあります!!

鉄道研究会に興味がある方は学生会館別館2F囲碁将棋部室奥、鉄道研究会部室へ是非お越し下さい!!!
また、部室の位置が分からない方はikkyotekken@yahoo.co.jpへ。
あるいは、学内に掲示しているビラに書いてある私のメールアドレスにご連絡下さい。

お待ちしています。
shinkan2010_2.jpg


無敵大将軍

 ご無沙汰しております。OT06です。4月ももう下旬だというのに、肌寒い(どころではない?)日が続きますね。折角陽も長くなってきたというのに、こう悪天候続きでは、テツ活動をする気勢も削がれてしまうというものです…というのは、出不精の言い訳に過ぎませんが、先日はなんと所用で強制的に九州に行く機会がありましたので、折角だからと帰り道の途上で道草して参りました。

album60.jpg
 用事が終了後、夜8時過ぎ博多発の新幹線で九州を後にします。博多駅の新幹線ホームは、九州新幹線を迎え入れるためのリフレッシュ工事が完成した後であり、かなり綺麗になっていました。駅名標も既に開業後に対応したものに切り替わっているようですが、現在はまだ、南隣の駅の部分には「←はかたみなみ」と書かれたシールが貼られています。ところで、来年以降の博多南線の扱いはどうなるのでしょうか…?

album61.jpg
 2時間ほどの乗車の後、今夜の宿泊地である姫路に到着。実は、私は昨年の夏旅行でも姫路に1泊しており、約8ヶ月ぶりの再訪になります。前回は深夜着・早朝出発だったため駅前のネットカフェに投宿しましたが、今回はきちんと(?)ホテル泊まりです。

album62.jpg
 迎えた翌朝、残念なことに雨が降り出していましたが、旅の朝を満喫するのもそこそこに宿をチェックアウトし、すぐ近くにある「高尾アパート」を見に出かけます。
 微妙に湾曲した建物と、その中層階から突き出す謎の高架橋。一見して異様な姿を持つビルですが、実はこれ、30年ほど前に廃止になった「姫路市営モノレール」の駅だった建物なのです。その名も、「大将軍」駅!!全国の廃線マニアからはかなり名の知れた存在らしいです。

album63.jpg
 より接近してみた所。良く見ると、建物内部にホームのようなものが見えるのがわかるかと思います。

album64.jpg
 大将軍駅から、姫路駅方面へと伸びる軌道も、山陽電鉄との交差部付近までは、ほぼ当時の姿のままで残されております。

 ここらで姫路市営モノレールの説明を…。

 高度経済成長期、大都市の中心市街地で道路の交通渋滞が深刻化する中、路線バスや路面電車に代わる新たな公共交通の担い手としてモノレールが注目されていたことは皆さんご存知かと思います。1957年の上野動物園モノレールを皮切りに、各地で続々と(と言うほどでも無い?)モノレール鉄道が開業しました。
 今でこそ、モノレールといえばゴムタイヤを用いた跨座式が最大派閥となっていますが、実用化から日が浅かったこの時代は、国内外の重電・重工系メーカーが、新たなビジネスチャンス到来とばかりに様々な独自方式の開発(または先行する海外方式のローカライズ)を行っており、各線で採用される方式もまた様々でした。ですので、この時代開業したモノレール路線の中には営業キロ数の非常に短いものも多く、営業運転を行いつつ、各メーカーが自社方式が実用に耐え得るものなのかを検証する、テストコースという役割も兼ねていたようです。

 姫路市営モノレールも、それらの内の一つであり、米・ロッキード社が開発した「ロッキード式」を、こちらも今は亡き向ヶ丘遊園モノレールに次いで採用した路線でした。1966年に開催された「姫路大博覧会」会場への客員輸送を目的として建設されましたが、僅か1.6キロという路線延長の短さや、高額な運賃設定など、いまいち実用性に欠けていたためか、博覧会終了後は客足が遠のき、残念ながら市民の交通の足として浸透する事無く、開業後僅か8年で営業を休止してしまいました。また、ロッキード方式も、姫路に続く採用例が無いまま、日本からは撤退となってしまいました。
 このように2つの意味で悲運の鉄道となってしまった姫路市営モノレールでしたが、その遺構は、道路や鉄道の交差部などを除き、現在でも多くが撤去されることなく残されて(というより、放置されて?)おり、営業運転されていた当時のままの姿を楽しむことが出来るそうです。
 また、昨年秋には、終点・手柄山駅に保存されていた車両が35年ぶりに一般公開されたほか、来年以降は、リニューアルオープンする市営水族館にてこの車両が展示物として加わるとのことです。

それにしてもこの高尾アパートですが、この存在を知った当初の私は、ビルの内部にモノレールを通すという、当時の児童誌などに載っていたであろう「未来交通大予想図」的なイラストをそのまま具現化してしまったような姿に加え、「大将軍」などという愉快なネーミングもあいまって、「当時の関係者たちが『こうすればもの凄く未来っぽく見えね?』とその場のノリで図面を引いた結果出来たシロモノなのではないか…」とばかり思っていました。しかし、今回実物を目にした事をきっかけに、モノレール建設の経緯などを色々と調べてみると、時代を先取りする画期的な建造物という事も出来るのではないかと思うようになりました。もし姫路市営モノレールが成功し、この高尾アパートも評価されていたならば、内部をモノレールが貫通するビルが日本中に見られるようになっていたかもしれませんね。(とまでいうのは少し大げさか…。)

 長くなってしまったので、次回に続きます…。

明日は定期部会の日!!

みなさんこんばんは。姫路出身、姫路育ち、国立在住M09です。

OT06さんが姫路モノレールのことを書いておいでですが、姫路に住んでいた頃にはとりたてて凄いモノだとも思っていませんでした。。。水族館にはモノレールの古い車輛が安置されていると、学校の7フシギのように(?)囁かれていました。

さて、明日は西講義棟107教室にて定期部会を行います!!時間は、午後3時から。終了後はアフターもあります!!

今後の活動内容や、最近顔を出していなかった諸先輩が登場予定(笑)

鉄道研究会に興味がある方、土曜午後の暇な時間をもてあましている方、一食浮かせたい方(笑)、热烈欢迎いたします!


ぜひともお越し下さい!!
最新記事
プロフィール

一橋てっけん

Author:一橋てっけん
一橋鉄研公式ブログへようこそ!

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
 
月別アーカイブ
リンク
相互リンク募集!!
一橋鉄研ブログでは、こんなブログ・HP運営者の方との相互リンクを募集しております。
・一橋大学の学生・OB・OG
・高校・大学などで鉄道研究会、旅行研究会、交通研究会といったサークルに所属している
・鉄道や旅行が大好き
・とにかく一橋鉄研に興味がある(笑)
一つでも当てはまる項目があるという方は、是非コメント等でおしらせください。リンクの方に追加させていただきます。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。