FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤ改正目前

 皆様、お久しぶりです。なかなか更新できず、申し訳ございません。
 いよいよあと1週間ほどに迫ったダイヤ改正の前に、一回は記事を書いておこうかと思い、筆をとった次第ですが、こうネタが、時刻表とかプレスを扱ったものばかりだと、いかに私の日常生活における鉄分が不足しているかがわかってしまいますね。

 それはともかく、今度の改正では、総武・横須賀線の武蔵小杉駅開業、「北陸」「能登」という二大北陸夜行の(定期)運転終了、この二つが最も注目を集めております。最短経路の運賃が常に適用される東京近郊区間において、乗換駅が増えるということは結構一大事なようで、最近は都内のどこの駅で降りても、券売機の上にある運賃表に「調整中」と書かれた紙が貼られています。
 このような大きなトピックスがある一方で、高尾発着の成田エクスプレス増発、南武線に西国立始発列車が設定されるなど、割と身近なところでもちょっとした変化が起きるようです。後者の方は、是非一度早起きして乗ってみたいものです。
 
 また、「身近なところ」と言えば、ダイヤ改正とは少し時期がずれますが、この2月を以って、南武線西国立駅と谷保駅のみどりの窓口が営業終了となったそうです。両駅とも指定席券売機が設置されているので、長距離の切符や、一部の特別企画乗車券は引き続き購入する事が出来るそうですが…。
 最近は、都内の駅にも容赦ない合理化の波が押し寄せてきていますが、きっぷの変更や払い戻し、学割乗車券の購入など、窓口でしか出来ない事もまだまだ沢山あるので、あまり多くの駅でこうしたこうした措置がとられてしまうのも困りますね。と言いつつも、私は最寄り駅であるはずの西国立のみどりの窓口、一回も使ったことがありません(笑)窓口にお世話になるのは、特企券や複雑なルートの乗車券の購入など、基本的に面倒な用事の時だけですので、そうなると立川や国立など、利用者数が多く駅員さんの熟練度(?)が高そうな駅に行ったほうが良いかな、という考えが働いてしまうからです。廃止前に、一度使ってみれば良かったかなと今更ながら後悔しています。
 それはそうと、みどりの窓口の業務は廃止になっても、駅自体無人になるわけでなく、改札業務などは引き続き行われるようですので、素人考えでは、合理化といってもどれくらいの効果があるのだろう…と思ってしまいますが、非常にルールの煩雑なきっぷの販売を行わなくて良いというだけでも、駅員さんの負担はだいぶ減るのでしょうか。

 最後に、ダイヤ改正とは全く関係ありませんが、近々開催されるという「 電車でまわろう。 Suica de ビンゴ!」キャンペーンについて。複数の駅を回って何かを集めるというのは、ポケモンスタンプラリーなどと同じですが、今回はSuica端末を活用した斬新なものとなっています。きっぷや電子マネー以外のSuicaの活用方法については、何年か前の研究誌で私が取り扱った記憶がありますが、まさかこんなものが出てくるとは思いもしませんでした…(笑)
スポンサーサイト

2010年、3月12日。

お久しぶり、M09です。
2010年3月13日、JRグループはダイヤ改正を行いました。3月6日の記事でOt06氏がお書きになっていますが、同日を以て寝台特急「北陸」号廃止、急行「能登」号臨時格下げが行われました。

私事で恐縮ではありますが、私と鉄道(模型)が本当に出会ったのは大阪江坂のホビーセンターカトーでした。同店で485系300番台を購入いたしました。なぜ、その電車に惹かれたのか?今をもって不明なのではあります。当時、私がもっていた世界文化社のJR全車両大図鑑の交直流特急形ページを彩る多量の485系特急群に心躍っていたのは確かなようでした。
JR全車両大図鑑JR全車両大図鑑
(1996/12)
井上 広和

商品詳細を見る


同系の購入によって、私はにわかにまだ見ぬ、そして二度と見ることが出来ない「国鉄」時代への郷愁をかき立てられたのでした。そんなときに出会ったのが、特急「雷鳥」と急行「能登」。当時は683系サンダーバードが現れ、しらさぎ・加越が683系に置き換えられる最中であったように記憶しております。「能登」の存在は、6年前に知った私の中ではごく新しい列車です。当時の私はまだ、上記車輛図鑑に載っていた特急「白鳥」「白山」が運転されていると思っていましたから。

中二の時、国鉄形車輛を調べ、国鉄特急形の主485系(489系)で運用されている(された)列車に関してレポートにまとめ学祭で配布したこともありました。先輩があまりにマニアックすぎると言っていたのが記憶に残ってはいるのですが、残念ながら紙データ・PCデータともに散逸してしまい内容に関してはあまり記憶はありません。

こうした自分なので、2010年3月12日は、万感の思いで上野駅駅頭に立ちました。
「北陸」「能登」 最後の雄姿にファン3000人 asahi.com
この中に、私もカウントされているはずです。

とはいえ、最初から写真を撮ろうと思ってはおらず、ひと目能登を見送ることが出来ればいいなと思い上野駅でその時を待ちました。しかしながら、21時すぎのホームライナー古河3号に乗車し489系ホームライナーにも別れを告げるため大宮まで往復して上野へ戻るとすでに13番(とぉさんばん)、12番ホーム周辺はお見送りの方でいっぱいでした。

新聞社・通信社・テレビ局も脚立&スナイパーのようなレンズを装備してうろつく中、警察官も巡回する物々しい雰囲気に私はすこし自分の感傷を見失いそうになりました。北陸が入線してきましたが、ほぼ見えません。

これでは、静かにお別れを告げられそうにないと感じた私は上野駅を後にしました。
違う駅から、能登の北上を見送ることにしたのです。

選んだ駅は鶯谷。こちらにも10名程度鉄の方がいらっしゃいましたが、静かな空間はいつも通りの「上野」を感じさせてくれるには十分でした。
noto.jpg

23:36分。急行「能登」、金沢行。鶯谷駅を掠めて一路、北へ向かいました。
再び見ることはない上野山へ、サヨナラを告げるロングホーンの残響だけが私の体に刻み込まれていきました。


テーマ : 「おたく」な話
ジャンル : サブカル

新歓期目前!

 遅ればせながら、今年度の新歓特設ページを開設させていただきました!
 新歓イベントについては、まだまだ都合により未決定な部分も多いですが、今後も随時情報を追加していきたいと思います。

 私が言うのもなんですが、新歓期、とりわけサークル説明会では、集まる人が多ければ多いほど、新入生には沢山の情報を伝えることが出来ると思いますので、この記事をご覧いただいたOBの皆様には、是非、この時期の行事への参加をご検討いただければと思います。

 行事といえば、先週末の3月19日は、鉄研でも卒業コンパが開催されました。金曜日の夕方というタイミングにもかかわらず、2名のOBよりご参加を賜り、盛大に卒業生を送り出すことが出来たと思います。
 1次会終了後、一部の会員たちはカラオケに繰り出し、結局解散は自宅組の終電間際になりました。

 コンパの中でも、新歓についてはたびたび話題になってい(たような気がし)ましたが、気になる進捗状況はと言うと…いよいよビラが完成し、現在はその貼り出しを待つばかり、という状態です。今年は、例年以上に気合の入ったビラが出来上がったので、校内掲示を前にしてその一部をここに掲載させていただきたいと思います!!(人の創作物を勝手に…すみませんm(_ _)m >製作者)

shinkan2010_1.jpg

shinkan2010_2.jpg

 私が特に好きなのは上の方です。鉄研のビラは、例年、多くのサークルもそうするように、印刷はモノクロで行われます。原版がカラーで製作されていた場合、そこで持ち味が消えてしまうビラもままあるのですが、大量生産・大量配布のためには仕方の無いことです。(ごく稀に、スポンサーをつけてカラー印刷を実現する団体もありますが…。)しかしながら、このビラは白黒になって初めてその真価を発揮する、と言っても過言ではありません。夜空に映える車体&方向幕のコントラスト、そして写真の大胆な構図のおかげでしょうか。
 
 学内でこれらのビラを目撃した方は、是非鉄研の新歓イベントに足を運んでいただければと思います。

追伸:すっかり告知するのを忘れていましたが、HPの方に、1月に行われた追い出しコンパの様子を公開しましたので、新歓ページと併せてご覧いただければと思います。

新歓開始

 今日は、新歓期最大のイベントであると言っても過言ではない、サークル説明会が開催されました。鉄研の教室にも何名かの新入生が足を運んでくれたようで、一安心です。…が、本日の詳細についてはひとまず他の会員に譲りたいと思います。

 明日も引き続き、東1号館3階1306教室にて説明を行いますので、よろしくお願いいたします。

 また、このたび、リンクの方に、当会OBであるhana-jun様のブログ、F2S 雑記帖を追加させていただきました。相互リンクをご了承いただきまして、誠にありがとうございます。

 以下は雑談となりますが、この時期新歓に力を入れている一橋大のサークルは、何も鉄研だけという訳ではありません。むしろ、各サークルがしのぎを削って新入生を獲得するため、熾烈な競争が繰り広げられている時期です。
 特に、今日・明日開催されるサークル説明会の会場はまるで戦場の様相を呈している…と言っても過言ではありません。

 しかしながら、各サークルのアピール合戦が行われているのは、どうやらリアルの世界だけに限らなかったようです。当会ホームページに「一橋 新歓」の検索キーワードよりアクセスしてくれた方がいらっしゃったので、試しに私もgoogle検索してみれば、この通りです。
 色々回ってみていると、鉄研の新歓ページのセンスの無さが際立っており、製作者としては頭を抱えたくなります(泣)誰かウェブデザインに関して高いセンスのお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非この私めにアドバイスを下さるよう、お願い申し上げます!!

新歓の模様。

連投で申し訳ありません。
新歓の模様と、より一層の新歓活動のアピールをすべく記事を書かせていただきます。
HP担当者さま、こちらでもありがとうございますm(_ _)m

一橋大学鉄道研究会のサークル紹介は国立キャンパス東1号館3階1306教室で行われています。
どういった様子かと申しますと
RIMG0011.jpg

ヒジョーに地味な外観です。30日はもう少し鉄研であることをアピールしておきますよ~

さて、中に入ってみますと

RIMG0010.jpg

少しちらかった状態なのは来客の直後に撮影したからです。。。
29日も少しではありますが、参加して下さった方がいらっしゃいました。
この場を借りてお礼を申し述べます。

具体的には、鉄研の過去の発行物(研究誌、部内誌)や時刻表、ピクトリアル、そして日本の鉄道データファイルといった書籍類を展示しています。部員が常駐し、来客者の方へ活動内容の紹介なども行っています。

RIMG0009.jpg

奥の机には、Nゲージが走っています。
29日は富山ライトレール、京福電車(嵐電)、スーパーあずさ、E231などが走っていましたが、30日の走行車両は来てからのお楽しみ。

サークル紹介の後には食事会も開催しています。

こんな風に、全体的に地味なサークル紹介ではありますが、少しでも興味関心を持たれた方は是非東1号館3階1306教室にいらっしゃって下さい。
部員一同歓迎いたします!!

サークル紹介には参加できないが、鉄道研究会に興味がある、入部したいという方はikkyotekken@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。今後の新歓イベントなどに対するお問い合わせも歓迎いたします。

最後になりますが、これをご覧になった方は東1号館3階1306教室に足を運んでみて下さい!!
最新記事
プロフィール

一橋てっけん

Author:一橋てっけん
一橋鉄研公式ブログへようこそ!

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
 
月別アーカイブ
リンク
相互リンク募集!!
一橋鉄研ブログでは、こんなブログ・HP運営者の方との相互リンクを募集しております。
・一橋大学の学生・OB・OG
・高校・大学などで鉄道研究会、旅行研究会、交通研究会といったサークルに所属している
・鉄道や旅行が大好き
・とにかく一橋鉄研に興味がある(笑)
一つでも当てはまる項目があるという方は、是非コメント等でおしらせください。リンクの方に追加させていただきます。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。