FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。

国立駅

あけましておめでとうございます。
旧年中は閲覧頂きありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

多摩の踊り子 その正体は…?

 皆様、大変ご無沙汰しております。OT06です。本年もよろしくお願いいたします。
 今回は、この三連休に運行されたちょっと珍しい臨時列車についての話です。久しぶり且つ新年一本目の記事だというのに、ささやかなネタですみません(笑)

 その列車とは、「リゾート踊り子91・92号」。「リゾート踊り子」なんて、毎週末運行されているじゃねえか、今更何が珍しいって言うんだとお思いの方もおられるかと思いますが、何を隠そうこの列車、東京側の発着駅が、東京でも新宿でもなく、立川なのです。臨時列車ですが、えきねっとにも列車ダイヤが掲載されていましたので、ぜひご覧になってください。

リゾート踊り子91号(下り) リゾート踊り子92号(上り)

 更にここで注目すべきは、停車駅とルート。多摩方面から湘南方面へ運行される臨時列車と言えば、「ホリデー快速鎌倉号」をはじめとして、府中本町から武蔵野貨物線を経由して新鶴見信号場へ抜けるのが一般的。しかし、今回の「リゾート踊り子号」は、府中本町以南でも、登戸・武蔵溝ノ口・武蔵小杉と、南武線内の駅に停車するため、まったく別のルートを経由していることがわかります。引き続き停車駅を追ってみると、次に現れるのが浜川崎(※ただし客扱いは無し)と、横浜。これで、尻手から先は南武支線に入り、終点浜川崎まで到達、ここでスイッチバックして、東京貨物ターミナル方面から延びる東海道貨物線に合流し、横浜方面へ向かう、という経路をたどることがわかります。(それにしても、列車番号が変わるからとはいえ、運転停車駅の浜川崎を掲載してくれるとは、親切極まりない時刻表です(笑))ただし、この列車は横浜駅に停車するため、横浜羽沢へと抜ける東海道貨物線とは早々に離別し、鶴見駅西方にある渡り線を通って旅客線に合流するようです。(以上、グーグルマップで川崎・鶴見付近の地図を参照しました…。)


map.jpg
(1月15日追記:微妙にわかりにくいですね…。地図にするとこんな感じです。)

 …と、ここまで読んでも「何を今更」と思っている方もいらっしゃるでしょう。実はこの立川発着の踊り子号、今回が初めての運行ではないのです。私も今検索して初めて知りましたが、昨年の5月・7月にも、同様のルート&ダイヤで運転が行われていたそうです。  参考リンク(立川経済新聞HPより)

 それにしても、実に面倒そうな経路で走るにもかかわらず、3度目の運行ということは、この列車、それなりに好評を博しているのでしょうか?テツ的に見ても、経路が非常に面白いですし、何より、僅かな区間ではあるものの、鶴見以東の東海道貨物線に旅客列車が入線するのは非常に稀なはずです。今回は気付くのが遅すぎましたが、次回の運行があればぜひ乗車してみたいですね。

以下は、92号の到着を迎えに立川駅に行って来た際の写真です。(何故、明るいうちに発車する91号の写真ではないかというと…その時間に起きられなかったためです(苦笑))

album41.jpg
使用車両は「黒船電車」です。私としては、鉄研の追い出しコンパで乗車して以来、およそ1年ぶりの再会です。

album40.jpg
サボも専用のものが用意されていました。

album42.jpg
南武線205系とリゾート21、夢の競演です。

2010年

記事を書き込むのは久しぶりです。Kw3です。
この記事を書いている時間が日付変更ラインなので、今日か明日かはわかりませんが、受験生がセンター試験を受けている頃、4年生を送り出す追いコンとして別所温泉へ行って参ります。本当は今日の夜行で旅立つ予定でしたが、大雪のため無事運休となり普通に新幹線で向かうことにします。人数を伝えるため宿の人に連絡したところ、寒いのよぉー、と言っていたので中々寒そうですが、その分温泉が楽しみですね。

昨年2009年を振り返ると、時間を有効に使うことができず、全くといっていいほど鉄道趣味を深めることができなかったので、今年は鉄道はもちろんのこと、様々な物事で自分の視野を広めることができればと思います。大幅な遅延となる挨拶ではありますが、これを見て下さっている皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。

追いコン

 こんにちは。Ym4です。昨日からの2日間、別所温泉にて4年生を送り出す追い出しコンパが行われて、無事に追い出されてきました。

 行き先は私が決めましたが、上田・別所温泉周辺は東京から近いにも関わらず、名所が多く魅力ある土地でした。鉄研部員としては、上田から別所温泉までを結ぶ上田電鉄別所線から眺める独鈷山の景色が非常に美しく感じられました。駅で下車して盆地の平野を走る列車を遠くから眺めればより美しく見えたかもしれません。
 12.jpg

 2日目の今日は別所温泉駅に保存されている丸窓電車の5250形の前で記念撮影をしたあとに上田へ移動し、解散となりました。私にとっては鉄研最後の旅行で、鉄研活動の良き思い出となりました。
 20.jpg

フリーきっぷ

なんだかんだでブログを更新する暇人疑惑が浮上しているKw3です。私の知らないところで、「土日きっぷ」と「ぐるり北海道フリーきっぷ」が今年の3月をもってなくなることが告知されていました。

「おトクなきっぷ」の一部見直しについて
http://www.jreast.co.jp/press/2009/20100107.pdf

これら2つの切符は、コストパフォーマンスが高く18きっぷのように期間も限定されていないため、乗りつぶし強い味方でした(ぐるりは7~9月は高くなりますが)。土日のかわりに「ウィークエンドパス」とやらが発売されるようですが・・・。ぐるりの方は北斗星廃止フラグとも受け取れますし。夜行列車廃止の流れも考えると、乗りつぶしの環境が年々厳しくなっている今日この頃ではないでしょうか。
最新記事
プロフィール

一橋てっけん

Author:一橋てっけん
一橋鉄研公式ブログへようこそ!

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
 
月別アーカイブ
リンク
相互リンク募集!!
一橋鉄研ブログでは、こんなブログ・HP運営者の方との相互リンクを募集しております。
・一橋大学の学生・OB・OG
・高校・大学などで鉄道研究会、旅行研究会、交通研究会といったサークルに所属している
・鉄道や旅行が大好き
・とにかく一橋鉄研に興味がある(笑)
一つでも当てはまる項目があるという方は、是非コメント等でおしらせください。リンクの方に追加させていただきます。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。