FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"モノ"活動してきました

Kw07です。開業から約3週間・・・ようやく乗ることができました。
今回行ったのは王子です。

oji.jpg

今回の目当ては都電でも南北線でもなく、飛鳥山公園モノレールです。
北区HP飛鳥山公園モノレールは7月17日から運転を開始いたしました

mono1.jpg

山頂(笑)からやってくるモノレール

mono.jpg

山頂(笑)に悲しい別れを告げ下へ向かうモノレール

ボタン

色んな人が言ってますが、どうみてもエレベーターです

まだできてから日数がたっていないので、ALS○Kのおじさんが管理していましたが、人件費の関係でやがては無人になるでしょうね。

ちなみにこのモノレールを納入した会社「嘉穂モノレール」は様々な実績がありビックリ。個人向けにも供給しているらしく、一家に一台モノレールはいかがでしょう。学内で導入できるところないかな~

おまけ
toden.jpg

というわけで部員の皆さんはこんなしょぼいことしてないで、この夏ガッツリテツして下さい。
ではでは~
と思ったら激しい地震が・・・こんなブログ書いてて大丈夫か?
スポンサーサイト

真夏のテツの夢

 みなさん今晩は、OT06です。暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
 最近、部室には毎日のように顔を出していますが、いかんせんそれだけではブログのネタにはなりません。テスト撃沈記念で傷心旅行にでも出かければ良いのでしょうが…。2DAYパスでも使って。
 折角の夏休みですらこの有様…という事で、冬学期に入ってからのこのブログの行方が早くも心配になって来ました。(もちろん部員の皆様のフォローがいただければ別ですが。)
 そういう訳で、急遽、ネタが無い場合に備えての穴埋め連載企画を立ち上げる事としました。その名も、

一橋てっけんNOW

 このコーナーでは、部員にとってはもはや完全に日常的風景と化しているために注目されない、一橋鉄研固有の伝統・文化・習慣について取り上げたいと思っております。
 我々が鉄研の活動について説明する際、その模範解答&常套句は「研究と旅行」であり、それがサークルとしてのアイデンティティを表す一言にもなっています。しかし一方で、40年あまりの長い歴史を持つ当会には、会としての正式な活動以外=会員の日常的触れ合いという面に目を向けても、かなり独特な文化が醸成されているのでは、と思います。内部の人間にとってはあまりにも「当たり前」となっていて見過ごされがちなこういった分野も、今一度記事として起こしてみる事で、外部の方々に興味を持っていただけるきっかけになるかもしれません。
 また、OBの方々にも、ご自分の在籍していた頃と現在を比較する事で、当時を懐かしんだり、逆にジェネレーション・ギャップを感じて悩んでみたり…という形で楽しんでいただければと思っております。
 とりあえず、ペースは不定期更新で、全10回くらいを目処に続けられればなと考えております。また、タイトルがダサいのはスルーの方向でお願いいたします。



一橋てっけんNOW File.1
~雑記とは~


 鉄研ライフを語る上で欠かせないのが、この「雑記」。一言で言えば、部員全員で共有する日記帳のようなものです。
 テツたちの日記帳、いわば


テツ・ノートですね!!

…すみません。
 部員全員で利用するからといって何か特別な規則のもと運用されているのかといえば全くそんな事はなく、見た目は何の変哲も無い大学ノートですし、当番が決まっておりローテーション制で書かれているという訳でもありません。部室に来た人間が、その時書きたいと思った事を徒然なるままに書き記しているのです。部員の中には、わざわざ雑記を書くために部室に立ち寄る事がある、という熱心な者もいます。
 ちなみに、最新号はつい最近利用開始された251号(写真右)となっています。
 

 書き込みの内容も、鉄道にまつわる話題ばかりというわけではなく、(むしろ最近は不足気味なのです…。)授業・ゼミ・テストに関しての話、アルバイトの話、自分の趣味の話、旅行日記、その他近況報告と人それぞれです。また、長期休暇前には2ヶ月間のカレンダー欄が設けられ、各自が予定を記入する決まりとなっているなど、口頭やメールでの伝達を補う、コミュニケーション・連絡手段としても機能しているのです。
 とは言っても、基本的には自分が言いたい事をその場の気分に任せて書き連ねていくという場なので、常に読みやすさを考慮した書き込みがなされる訳ではありません。ミミズののたくったような字で延々と何ページにも渡って妄言を書きなぐっていく部員も一部には存在します。(はい、私です…。)


 ちなみに、全60ページへの記入が終了したノートは、バックナンバーに加えられ、部室のロッカーにて半永久的に保管される事となります。このように、1970年以降のほぼ全ての雑記が、当時のままの姿で残っています。


 全員の共有物となっているにもかかわらず、このように自由な利用が保証されている雑記は、ある意味鉄研部員間の信頼の強さを示していると言えるのかもしれませんね。
 次回は部員達の娯楽手段に迫ろうと思います。ご期待ください。

ないんてぃーんないんてぃせぶん

Kw07です。皆さん夏充してますか?
当鉄研では来週の水曜日から、4泊5日の「夏旅行@中国地方」が控えています。
さすがに部員もいい年なので、「今からワクワクして寝付けない!」という修学旅行前夜現象を起こしている人はいないと思いますが、やはりこれほどの長期旅行ですので大なり小なり楽しみにしている部員が多いことでしょう。と、人ごとのように書いている「私だって楽しみにしてるんだからね!!」

さて、今年もテスト期間中から8月上旬にかけて「ポケモンスタンプラリーチルドレン」を多く見ました。12年前(1997年)の初代ポケモンスタンプラリーに参加した私から見ると、今のポケモンスタンプラリーはシビアですね。当時はスタンプ設置駅が都区内だけだったのでまだ楽でした。まぁ~ポケモンの数が増えれば、スタンプも増えるのは自然な流れですが(今は400匹以上いるんでしょ・・・)。

同じ1997年は、秋田・長野新幹線開業、信越本線横川-軽井沢廃止、新幹線E2、E3、E4、500系運転開始など、当時ちびっ子テツだった私にとって大収穫な年で、この年がなかったら鉄道への興味は順調に消えてなくなっていたと思います。今思えば、1997年が人生の分かれ道でしたね。ふと思い立ち、当時のポケモンスタンプラリーの記念品を探していたら、同じ年にJR東日本からもらった下敷きが発掘され、そこにはこんなことが書いてありました。


みんながクルマを運転する時代になったら、
列車で旅することが、新しく見えてきました。

・・・遠くまで行けるから、渋滞がないから、
いっしょに、おなじ景色を見られるから、
おたがいを、見つめられるから、
目を閉じられるから、
ひとりになれるから、おおぜいで行けるから、

トレイング・・・列車で行く旅。
ハンドルやアクセルからも自由な、
みんながゲストになれる旅のかたちです。



うん、書いているこっちが恥ずかしくなりますね。これを考えた人は、"この手"の文を書くのに精通していたのでしょう。当時よりも「1000円VS無料」で騒いでいる今こそ、心に響いてくるキャッチコピーなのかなと思います。

そして、当鉄研の旅行は宿のみ決めて、前後や途中の行程は自由という形態をとっています。まさに、「ひとりになれて、おおぜいでいける、みんながゲストになれる旅のかたち」をプロデュースしています(お互いを見つめ合う関係にまで発展している部員ペアはいませんが・・・)。と、21歳のくせに昔話を書いていたら、無事鉄研のアピールができたのでここら辺でおわり。めでたし、めでたし。

報告。

Kw07ですが、私もすでに旅の途中です。今どこにいるのか、いつ出発したのか、どういうルートなのかということに関しては皆さんと会ってからのお楽しみ。ただ今回はハードスケジュールです!去年は観光も重視しましたが、今年はひたすら乗りますよ~。

PASPY買い忘れた!

きっぷ

左:錦川鉄道清流線パンフ、右上:寝台特急サンライズの車内案内、右中:青春18きっぷ、右下の左:広島電鉄一日乗車券、同右:広島高速交通(アストラムライン)一日乗車券

Kw07です。4泊5日で中国地方を巡る夏旅行が行われました。1泊目は松江、2泊目は宿泊地自由、3泊目は湯田温泉、ラスト4泊目は広島でした。当鉄研の旅行は、「現地集合・現地解散」が原則で、目的地の旅館だけ決めて、途中の行程は完全自由となっています。そして、集合した宿では「私はここからこういってここよって・・・こうきましたよ」と暴露(!!)し合う経路報告会が行われます。今回の報告を聞いていると、鉄道に乗ることに専念する人、観光に専念する人、両方バランスよくこなす人、風邪を引いてリタイアする人まで様々でした。気が向いたら、私の行程記もここに書ければと思います。

ちなみに「かんこうにせんねん」と打ったら「緩行に専念」と変換されヤレヤレです。
最新記事
プロフィール

一橋てっけん

Author:一橋てっけん
一橋鉄研公式ブログへようこそ!

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
 
月別アーカイブ
リンク
相互リンク募集!!
一橋鉄研ブログでは、こんなブログ・HP運営者の方との相互リンクを募集しております。
・一橋大学の学生・OB・OG
・高校・大学などで鉄道研究会、旅行研究会、交通研究会といったサークルに所属している
・鉄道や旅行が大好き
・とにかく一橋鉄研に興味がある(笑)
一つでも当てはまる項目があるという方は、是非コメント等でおしらせください。リンクの方に追加させていただきます。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。